医療法人孝誠会 うすき整形外科病院― 鹿児島市宇宿で整形外科はもちろんのこと、内科疾患にも対応しています。

医療法人孝誠会 うすき整形外科病院

整形外科前田和彦医師挨拶

3月7日より常勤整形外科医となります前田和彦です。30年近く大隅半島で複数の救急病院に勤務してきました。夜間・休日呼び出され放題の日々,顧客(=患者)皆さんの話を充分に聞けていないと感じていました。うすき整形外科病院では時間に追われぬよう,ゆっくり・じっくり診療を目指します。

心がけているのは「合理主義」です。「検査→診断」以上に,臨機応変に「困っている問題→解決法を考える」ことに情熱を傾けています。今話題の権威主義vs民主主義でいうなら,「フラットな関係」を築くことが目標です。皆さんのお役に立てれば幸いです。

 

鹿児島市には,私と同姓同名の整形外科の先生も開業されているようです。区別されるなら,「デ・ラシネ前田」とでも名乗りましょうか。熊本に生まれ,少年期は日向→都城→鹿児島と移り住み,鹿児島人の人間性に魅せられ,定住を選んで現在に至ります。「デ・ラシネ=根無し草」が流れ着いたのが鹿児島だったというわけです。「流れ者の前田」でも良いのでしょうが,ちょっとカッコ良すぎますね…

流れ流れて様々な人々に出会い,色々な価値観・考え方があると学んだ末に,「臨機応変」の境地に至りました。一時期は受験産業で学校とは異なる「プランA→プランB→プランC」の解法を提示して来ました。「こんな治療法は嫌だ!」という方でも,対等な立場で議論しましょう! 「プランD」も考えられるかもしれません。